2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
今年最後のGvかなー
1216.jpg
今日は忘れずに何とか。
22:15 岩の谷
先入れ放置。

昨日、緑のたぬきを食べたんですよ。

久々に食べると不味いんだか美味いんだかわかりませんが。。
3~5分で1食分のエネルギー摂取出来るってのがスゴイw

カップ麺考えた人ってスゴイよね!
ちなみに発明と開発は日本です。

気になったので少し調べてみることに。

1971年に日清食品が開発と販売。

しかーし、その前に。

1957年。

戦後…約10数年後くらいに。

当時48歳だった安藤 百福さんが研究・開発者。
関係ないけど、名前がとてつもなくオメデタいw
読み方は「ももふく」さん。

銀行破たんで金がなくなった為に考案されたモノらっすぃ。

金もなく貧しい中

麺の乾燥・・・つまり保存の維持が難しいところ
「天ぷら」をあげる奥さんの姿を見て、思いついたそうな。

貧しいって言うけど、天ぷらなんていいもん食ってるじゃん?

って言うのは現代だけです。
そもそも日本を代表する郷土料理の一つですが…長くなるので以下略。

そうですねー。
ワカモノに解りやすく書くと。

天ぷら=エビだと思うなよ!コゾウ!

ってことです(誤)


まぁ、そんな油の中に入れると反撥作用で水分が蒸発し、麺は見事に乾燥状態。
そして乾燥麺に水・お湯をかければ再度水分を吸い込み、麺がふやけていくと。

そして出来あがったものが・・・

チキンラーメン。

カップではなく、インスタントラーメン、又は即席袋麺と呼ばれるものの出来あがり。
爆発的なヒットを飛ばす。

で。

日清食品創始者となり、有名な「カップヌードル」が誕生すると。
そして安藤さんは

「野中の一本杉より森のほうが繁栄する。」

「美味しさに国境はない。しかし文化・伝統・習慣の違いを理解しなければ、国境は超えられない。」

ということでその信念通りに世界へ目を向け
様々なアイデアと開発が繰り返され進化し、今日に至る。

ってーいい話ですよ。

あの時代から世界を相手に見るほど、視野が広い人だったんでしょうね。
今ではフリーズドライ製法などなど、すごい開発技術がギュっと詰まってます。

種類に至っては、ラーメン・うどん・焼きそば・そば・スパゲティ…
麺だけに留まらずお米まで即席カップになってます。

私もフリーズドライ保存してほしいですネ(爆)


更にカップには、

麺→正方形
容器→麺が底につかないように底のほうを狭く作る(逆円すい状)

これによって「宙づり」状態で、中の乾燥麺が振動で崩れないよう真中で浮くようになってたりします。
ちょっとしたところに工夫満載。


何気なく食べるカップラーメン一つで。
書ききれないほど、素晴らしい歴史があるものですね。

大阪府池田にある、『インスタントラーメン発明記念館』にちょっと行ってみたくなった私でしたw


でも私。

即席ラーメンは、サッポロ一番塩ラーメンが一番好きなんだ。


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。