2017/10
≪09  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   11≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
Do you know "やばい"!?
「When I am nice or cool, We say in Japan."YABAI"」
=日本では、いけてる時は"ヤバイ"って言うんだw

と、海外から仕事に来ている人に
私の後ろで何故か教えているおじちゃんが(汁)

美味しくて「やばい」
面白くても「やばい」
危なくても「やばい」
ナイスでも「やばい」

うーん。
変な日本語教えてるあなたも、やばい。
さて。

やばいと言えばですね。

S&P社(米民間格付企業)が、国債格付けAA-に引き下げた件で。

国債格付けがマイナス評価になるってことは。
「借金返済能力がない」「計画性の不安」って言われたのと一緒。


与謝野君が。

「消費増税を早くやれとの催促だ。」

続いて

「日本の消費税はたった5%。スウェーデン25%、ドイツも20%。まだ消費税という使ってない武器があると今まで思っていた。」

と、発言しましたが。

残念ながら、これは大きなズレがあります。


思い浮かぶ構図。

クレジットカードでキャッシングを100万借りる。
毎月の返済5万づつなのに、自分の収入が毎月5万に満たないとする。
返済期限はあるので、何とか返済方法を考えた結果。
カード限度額150万なので、また毎月5万キャッシングして、5万づつ何とか返済していく。
繰り返したが、利息が膨れ上がりその内カード限度額に達し、返済さえも出来なくなる。
でも金をどうにか作りたい。自分の生活レベルは落としたくない。

そして、どのような結論に達したのか。

「そうか!他人のお金で返済すればいいんだ。」


…後ろからハリセンで叩いたら気持ちよさそうですね。


当たり前ですが。
返済能力(税収)が追い付いてないのに、キャッシング(国のお金を発行)すると借金地獄に落ちていくわけです。


引き合いに出された、スウェーデン、ドイツ。

「よろしい。調べてみようではないか。」

と思いたったが吉日。

消費税だけで言えば、確かにトップクラス。
わーお。たかーい。
しかーし!運用モデルが日本とは全く違うw

スウェーデンやデンマークは世界を代表する福祉国家。
確かに重税ではあるが、金の使い道が明確。

消費税→25%
食料品税→12%
イクメン→90%取得。休暇中は7割保証。父と母が交互に取得可能。
女性の就労→定年退職まで働ける環境80%。もちろん就労機会と条件は同等。(退職金などもね)
医療→18歳まで無料。一定以上の手術も無料。
教育→国効率大学の授業料無料。奨学金月約10万、内3割返済義務なし。

スウェーデンと言ったら!
そのキャッチコピー(?)

「ゆりかごから墓場までの社会福祉制度」

社会福祉が充実という意味ではいいが、この欧州モデル。
日本には合わないと考えられる。

というのも
この状況での「医療サービス」となれば、今よりも医療の質は落ちる。
緊急外来で看てもらえないとか、そんな状態を招く。(スウェーデンではこれはよくある)
何時間も待たされて死んでも仕方ない考えとも取れるわけですね。
日本では福祉に関しては様々な資格制度もあるので、人員不足も引き続き考えられる。

まー良いところだけ言ってるけど、日本人が我慢出来るサービスレベルかどうか?ってことですね。

それに、高齢化社会。
人生90年とか言いつつ、年金受給年の引き上げ老後まで金を取ろうとしてる内は・・。
正直、年金…国には払いたくないって言いたくもなる。

とはいえ。
欧州の福祉制度から学べるものは多いのも事実だとは思いますぉ。

マニフェストと同様。
またもや表面上、こじつけっていうか良いことしか言ってないってことっス。
隣の芝生はいつでも青いものなのです。

--------------------
▼数字は正直。社会保障比率

日本16.4%
(消費税約5%、食品税5%)
スウェーデン56.4%
(消費税約25%、食品税12%)
ドイツ48.5%
(消費税約18%、食品税6%)
フランス46.4%
(消費税約20%、食品税5.5%)
--------------------

バランス示唆もないまま
ここから、約30~50%近く引き上げるってどれだけ大変でどれほどの期間を要するのかってところ。
人間そうそうパっと切り替わりまへん。
また整えるのに無料ではないんですよ。

子供手当廃止、ODA廃止、高校無料化廃止、海外支援の見直し、公務員・議員の人件費見直し、天下り廃止etc

どれもこれも、中途半端にあちこちやるから中途半端に破綻してると思いますが。
やること他にありますよ。


ちなみに。

S&P社が下げた理由を発表した中には。

「民主党政権には債務問題に対する一貫した戦略が欠けている」

「また、政府は2011年に社会保障制度と消費税率を含む税制の見直しを行うとしているが、これにより政府の支払い能力が大幅に改善する可能性は低い」

要約すると。

『君達じゃー改善しないので下げておきます』

って言われてるんですけどね。

消費税を上げろなんて、どういう斜め読みをすればそう読めるんでしょうか。
ああ、首相も疎いからわからないんだっけね^-^;;

「民主党が政権をとったあかつきには、4年間は増税の話はしません!!」

って言ってたので、まずはそこを謝るところから始めようか。
子供でも謝ることは知ってるぞ。


いやでも。
私も調べて勉強になりました。

ほんと、ヤバイね。


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。