2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
1杯のかけそばならぬ、1杯の水。
あ~眠い。

昨日の夜は、バスタブ計算という飲み物の容器で換算してなかったので。
グラスで換算してみますかー。

それと。
よく混同されるのが
「放射線」と「放射能」と「放射性物質」

はい。ペタリ。
放射能と放射線の違い

今水道水に言われているのは「放射性物質」の話です。

水の中に、目には見えない細かいゴミ(チリ)に雨水などの影響でひっついてきちゃっているのが放射線。
で、そのゴミ(チリ)自体が、放射性物質。
と、言えばいいのかな。


次に大事なのが
cc(容積)とg(重量)ですが

料理なども、グラムからcc換算したりしますが、比重によってはcc→g換算した際に数字が異なるのも出てきます。

例)1カップ200cc

調理酒:200cc=200g(比重値1.0)
牛乳:200cc=210g(比重値1.05)
小麦粉(薄力粉):200cc=100g(比重値0.5)
etc

こんな感じで、計量カップしかなくとも、グラム計算は出来るんです。
私も量りを買ってないので、料理する際に換算したりしますw
量り買えよって話なんですけどね。普段は目分量なのでゴホゴホ。


で。

水に関しては
1杯=200cc=200g(1.0)です。

んで。

22日の検査で、ヨウ素131が1Lあたり210ベクレル検出されたってーので。

水1Lあたりに、4.62マイクロシーベルト

1杯200mlでは、÷5で考えると、0.924マイクロシーベルト

年間で自然に浴びるのは2400マイクロシーベルト÷365で、1日6.575マイクロシーベルト

ここを踏まえ、グラスで達成しようとしたら。

6.575/0.924

━━Answer(゚∀゚)━━

7.115

約7杯強(1200cc)の水道水を日に飲むことで年間自然放射線数値に達します。
(注:まったく推奨じゃありませんのであしからず)

1年間、このペースで飲んだとすると。

×365=2596.975マイクロシーベルト

胸部のCTスキャン1回分:6900マイクロシーベルト

に、到達しまへん。

10万マイクロシーベルト分を考えると。
10万/0.924=108225.108…杯

108225.108/365=約300杯(日)

チーン。


でもズレてるな~って私が感じるのは・・・
観測値じゃなくってさ。いや、観測値あってこその計算なんだけどw

どっちかってーと一般人が知りたいのは。
「じゃー1杯でも飲んだらこれアウトって数値はどこなのよ?」
ってことのほうだと思うんだ。

まぁ、これに関しては違いが出てくるのでハッキリ言えないって答えになるんですが。

書くの面倒なので、途中計算端折ります。

━━Answer(゚∀゚)━━

現在の0.924マイクロシーベルト×水道水7.5杯分=6.93マイクロシーベルトで1L300ベクレルを超えます。

なので…意見は分かれると思いますが。

1杯(200cc)に大体2.0ベクレル(1L:10ベクレル)以上出たら、健康な人も待て!
となるのではないかなと素人ながらに思います。


何だかんだ書いた割に。。
わかりにくい文章になってしまったような気



・・・にしな━━━━( ゚ ∀ ゚ )━━━━い!!


さ~。今度は炭でも作るか?(笑)

-----------------
※数値は日々変わっていくものなので今時点で考えられる「数値」というだけです。
※そして上記はあくまで私個人の考え方なのでご了承下さいね。


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。