2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
当たるも八卦当たらぬも八卦
占い、好きですか?
某クマちょのブログを読んで、ふと思い出したことが。


いつだったか、冬あたりに中華街でぶらりしていることがあり。

中華街って、手相占い?が多いんですよ。何でだかは理由知らないけども。


んで、道端で誘われるがまま、手相をみてもらうことに。


通された場所は、道端に適当というか雑多に机と椅子が並んでいた。

そこの壁には

『某TVや某雑誌で大評判!当たる○○先生!』

みたいなチラシが貼ってあるんすよ。

それは、飲食店でもありがちな「メディアで紹介された=美味い店」みたいな売り込みと一緒である。


占いとかで一喜一憂、信じるタイプではまったくないものの、好奇心はある。

そこまで自信ありげに書くなら1000円を払うんで当てていただこーじゃないの!!

的な考え方である。


呼び込みのオヤジさんが、自信あり気に

「いやーついてますよぉ!いつも先生はここにいないんですけどねっ!今日はお越しになってるんですよぉ」

と、言うので、いよいよイブカシゲに思ってたら。


現れたその高名と呼ばれる先生はヨタヨタな感じで席に来た。

用意してる道具は、それっぽいモノが。

八卦表?みたいなのと、干支とか誕生日とか九星とか書いてある・・毎年本屋に並んでる白いあの本。

それに、神社等においてある、棒が出るおみくじ箱みたいなやつ(名前わからず)

最後にボロボロの紙と、赤ペン。


しさマックスな雰囲気で始まる。


そして、誕生日を聞かれたので答えると。

先生・・・本読んでるけど大丈夫っすか!????状態。

ますます怪しい。。


次に手相を見せろというので、見せる。

赤ペンでなぞりながら

運気は南の方向に向いている!うん、がいいね。」


何があって南と言われているのかも理論がよくわからんが・・・

きっと私のような凡人にはわからないモノが見えているんだな。うんうん。

などと自分に言い聞かせることとした。


そして性格を言い当てるような話もされたが

今日の占い☆カウントダウンハイパー(byフジ)あたりで言われそうな、適当に当たり障りない内容を言われる。
(※これを言っとけば大抵当てはまるだろう=思い当たるフシがあるだろう的な)


(先生・・・多分、それはその白い本に書いてあるんだおね?)


などと大変高名と謳われる先生に失礼にあたるので、そのまま黙って聞いている。


そして最後らへんに、その高名とやらな先生様が驚くことをハッキリキッパリと仰ったのです。


「どこかに行くなら

北方面がいいっ

東北に行くと運気が上がるよ。うん。」



・・・さっき、運気は南って言わなかったか?おぃ。じーさん。


運気は南にあると断言しつつ、北に行けという無茶苦茶な内容である。


な~んて素晴らしい・・・

非☆論理的なお話なんだ!

これでお金儲けが出来るなんて!!



と、別の意味で感銘をどどーんと受けたワタクシです。


更に言うなら、用意で持ってきたハズのおみくじみたいな道具は使わなかったのである。

何の為にそれ持ってきたんだ?とお伝えしたほうが良かったのだろうかw


なんつーか。。

ツッコミしたくなるような悔しさよりも、既にネタ以外には考えられない出来事であった。。

これでよく当たる占い師と呼ばれるなら、私でも本読んでなれそうじゃね??

と、堂々と言えそうなものである。



最後に残ったモノは。

非論理的な話の脳内変換流し方法と、手相を見る際に落書きされた赤ペンの跡だけであった。


アレですね。

思い出した話でしたが、答えは一つ。


やっぱ、信じるだけじゃ、救われない(笑)

まぁ、ネタと暇潰しにはなりますw


 
Secret
(非公開コメント受付中)

私も…そんなイメージです(笑)
学生(専門学校)の頃にたまたま見かけた外でやってるタイプの占い師さんに手相を見てもらったら、まぁ言う事が見事にハズレまくりw
占『奥様が…』くま『結婚してません』占『彼女さんが…』くま『こないだ別れたばかりだけど』…こんなやり取りがあった挙げ句に2000円も取られた記憶がw
今回のユタさんも…抽象的過ぎてイマイチ分かりませんでしたが、前向きな方向に勝手に解釈してますw


前向きな姿勢は大事だおねwww


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。