2017/11
≪10  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   12≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
Courtesy seat
何でか、電車でよく変な人に会う確率だけは高い。
今日の朝からちょいと病院の用事で出かけ。
帰りの地下鉄電車に乗ると、ちらほら立ってる人がいる程度で端の優先席が1.5席空いていた。

通常3人かけのシートなのだが
とっても贅な肉がついたど派手なおばちゃん(おばあちゃん?)が新聞を広げ読んでいる。

少し具合が悪かったので、4駅ほどを普段なら立っているが座ることにした。

優先席付近であるので、携帯オフ。
まぁ、どうせ地下鉄なので電波は駅でしか拾わない。

出入り口の座席のほうに座ると。

派手なおばちゃんから一言。

「ここは年寄り席だよ。年寄り来たら座れないんだから向こういけ!

と、大きい図体で新聞を大きくバッサバッサ広げながら言われる。

年寄り席って何だ)

と思ったけど、相手をするのも鬱陶しかったので無言でいた。

その無言が更に気に入らなかったのか。

「おぃ。若いんだから年寄り席いないで立ってろっての!

と、どーしても何かよほど気にいらないのかつっかかってくる。


しかし。

1駅分ほどネチネチグチグチ言われている内に。

(嘘

「ここは"優先席"であり"年寄り席"ではありません。もちろんお年寄りの方や妊婦さんなど来たら譲りますし、あちら(普通の)席が空けば移動します。少々具合悪いので座っているだけですが、何か問題はありましたか。」

と、当たり前なことをわざわざ言ってみた。

すると、さっきまで汚い口はピタリと止まり、黙って荷物を広げバッサバッサと新聞を読んでいたけども。。

降りる時に、すごい目つきで睨んでいたw

まったく面倒くさい。


チミのその邪魔な肉塊をどかせば2席に空くし、年齢関係なく荷物広げて人に説教する立場でもないだろうよ。

と思ったのは言うまでもない。


自分がもっと歳をとっても
欲望の肉塊みたいな口汚い人間にはなりたくないものである。

やれやれ。


 
Secret
(非公開コメント受付中)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。