2017/08
≪07  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30  31   09≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
暇もてあまし中
早速飽きてきたような・・・

あれですね。

仕事してたま~にサボる?のがやはり楽しいんですよ。多分。

バイトでも何でも

仕事してない期間がほぼなかったので・・・

時間の使い方が下手だなと思う今日この頃。

ちなみに。

まだ証明書が届かないので動きようもない(*¨) ....ボー

そんな中。

少し前に。

22歳♀の若さで生活保護受けてるって特集がTVであったんですが。

以下引用。

 東京に住む22歳の生活保護受給女性に密着。以前は営業職で正社員だったが、リストラで 派遣社員になるも今度は派遣切りで無職に。 精神を病んで仕事ができない状態になり、昨年生活保護を受けることに…。それから6ヶ月、毎月約14万円の生活保護をもらって暮らしている。

 「新しい化粧品買うのは気が引けて…」と粉がからっぽになりそうなファンデーションを使用。 服も1000円程度のものを着るようにしている。お金が掛かるので食事は自炊。住まいは6畳半のワンルームで、家賃は5万3000円。

 就職に必要なため、ネットと携帯だけは削れない。が、就職活動で10社受けるも、全て不採用。

 女性「面接担当者に『いまは無職なの?どうやって生計立ててるの?』と聞かれて… 『恥ずかしながら生活保護で』と答えると、結局落とされるんです」

 トラウマになり、今では就活サイトの「応募する」を押すのも怖くなった。現在、女性はホームヘルパー2級の資格を取るための準備を進めている。

 2009年の「派遣村」で「働く世代も生活保護がもらえる」と話題になり、 若者も生活保護を受けやすくなった。
 現在、10年前に比べ、そういった世代の生活保護受給者が大きく増加している。(ばぐ太書き起こし)

※NEWS ZEROフェイスブック:http://ja-jp.facebook.com/newszero/posts/266171356788351


---
へー。って感じなんですが。

バイトとか色々あると思うし、それやってみてってダメなんですかね。

バイトでほぼ毎日自給1000くらいでそれなりに真面目に働いて…月30万以上は稼げますよw

私もそういう時期ありました。

正直、あの頃大変だったけど楽しかったですよw

そっから人間関係とか、自分の向き不向きとか、考え方を広げることも可能なのにねぇ。

22歳の若さでガムシャラに頑張らず、

ネットでポチすることだけ覚えて

楽を楽をってしてたら、この先どーなっちゃうのやら。

たかがツールであるネットの画面も怖いなんて言ってたら

結局対人コミュニケーションなんかやってられませんよw

現代病というか、もったいないなって思った記事でした。

ま。今は人のこと言えた立場ではありませんけどね。

やらないといけないことを考えないとね(*¨) ....ボー


 
Secret
(非公開コメント受付中)

時間とお金があったらカレーの研究したいです!


時間を売ってください
僕なら讃岐うどんの研究に走るね


カレーに讃岐うどん研究(笑)
それもいい趣味!

ニャさん、最近讃岐はまってるの?


恐るべきさぬきうどん
8年ぐらい前からハマっておったで( ̄ω ̄)


最近全然香川に行けなくてねぇ‥(´・ω・)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。