2017/04
≪03  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   05≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
香りと味。
何がアリで何がナシなのか。

寿司の香りを身にまとえる「Sushi」コロン

「寿司」の香水。

なんでしょうね。寿司の香りって。

魚…の匂いでもないし、酢飯だけの匂いでもないし。

寿司の香りってどんなの?って思うと、具体的に言葉で表現するのって難しいなと昨夜考えてしまったw

意外とパっと説明出来ないものだ。


その他。
好きな人にはたまらない? ベーコンの香りの石けん
ベーコンの香り石鹸。

ん?と思うようなものだけど、フルーツの香りのする消しゴム的なもんかなぁw


なんて記事を読んでいたら思い出したコト。

その昔。

私の世界は、家と家族、それと狭い近所で全てが完結していた頃。

「石鹸」というモノはキレイにする為使うモノだと教わった。はず。

しかし。

手を洗ったり体を洗ったりするのは石鹸なのに

『どうして歯磨きは石鹸を使ってはダメなのか?』

という疑問にぶつかったんですよね。

母親に聞いても、ダメなものはダメ。の一点張りでワカラナイ。

こういうことをしつこく聞くので、今にして思えば。。

私は呆れられるか怒られることがしょっちゅーだったと思うけど
※しかも呆れていることにもまったく気が付ついていない

何も理由が示されないので

(石鹸で歯もキレイになるんじゃないの?しかも良い匂いがしそう。)

と、今思えばどっからどーなってそういう危険発想になるんだ?バカめ。的な自信が生まれてしまい

親が見ていないところで。。

こっそり石鹸を歯ブラシにつけて、磨いてみよう。と思い立ったわけですね。


そして。

匂い。ノットイコール…味。

って結果がモチロン生まれるわけですが。

当初の目的である「石鹸で口の中がキレイになるかならないか」など、もはやどーでもいい状態でぶへぇー!と吐き出した覚えがあります。

まぁ、良かったことと言えば。

歯を磨くのに石鹸は適さない。。ってことを身を以って学べたことでしょうか。ははは。

石鹸を作ったことがあるので、今はちゃんと原料から理解していますw

※苛性ソーダ(水酸ナトリウム)や廃油、香料などを使ってる石鹸は危険なので口の中に入れてはイケマセン。
※多分、重曹や米ぬかや油によって作った石けんなら大丈夫だとは思います。。多分。


ちなみに、美味しそうな匂いのする消しゴムはカジったことはありませんw


とまぁそんなことも、他にも色々ありましたが。

寿司の香水やら、ベーコンの香り石けんとか作る大人の遊び心は面白いけど

子供に聞かれたら…大人はちゃんと子供が納得できる説明をしましょうね。隠れて実験始める前に!


ついでに私は「警察に逮捕されて牢屋に入れられるよ!」という脅し文句をしょっちゅー使われたのですが。

今にして思えば、卵割ったくらいでなんて不条理な話だったのだろうって思うことがシバシバですよ。

今度会ったら、文句の一つでも言ってやろうと思います(/・o・)/


 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
つぶ塩って歯磨き粉を初めて使った時、
あまりの美味しさにこっそり飲んでいたなぁ
そのおかげか虫歯一本もなったことないですぞー!
今になって思えばフッソ中毒にならなくてよかったとしみじみと思う。


高級ティッシュはうまい


No title
つぶ塩・・美味しいと思ったことはないけど、泡立たないんで変な感じでしたww

高級ティッシュ…あれも食べ物ではありませんw


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。