2017/06
≪05  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23  24  25  26  27  28  29  30   07≫
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 
健診。
先日。某病院へ健康診断行きました。
最近はオサレな病院が増えてきていて、こーんなとこが診察待つとこだったりします。
3_20130717213615.jpg
いかにも「私…ちょっと病気で…」って感じのどよ~んとしちゃうような場所よりかは確かにいいですね。

予約入れて、2~3週間ほど前に、健診キットみたいなものが郵送で来たんですが。

その時はまだ忙しかったので、適当に見てポイっと放ってた。

前日になって、中を見ると?

検尿ケース&検便ケースがあった。

ふむ。お得にも検便ケースが2個もある!

・・・。

もちろん失敗した時用・・・ではなく、2日分だった!w

今って2日分も摂るんだね。

放置して中確認していませんでした。テヘペロ☆

なんてことは言えないので。

ヨシ。ここは一つ穏便に…1日分しか出なかったことにしよう!

と、何もよろしくはないのだが当日。
(※良い子はちゃんと見ようね)

病院とは思えないような受付嬢に、検便ケースと検尿ケース、書類諸々チェックされ。

「一日分しかウンチ、出ませんでしたか?」

「はい。すみません^^;」

さすが直球w

まぁ、病院で遠回しな言い方されても困るわけだが。

イザ健康診断。

血圧・体重・聴力・視力・心電図・血液採取・・と、まぁここまでは普通のものばかり。

次に診察。

「○○さーん。どうぞ~」

と呼ばれて入った部屋には女医さんが1名。

「どこか痛むところや気になることはありますか?」

って聞かれたので。

「頭痛が多いところですかね。」


これは大体が『適度な運動しろ。PC長時間見るな。腕回ししろ。』などのテンプレが返ってくるのは百も承知で言ってみた。

すると。

「喫煙が頭痛の原因ですね。タバコは百害あって一理なし。副流煙のうんちゃらかんちゃら(以下略)」

「3年以上禁煙してた時期もあるんですけど、特に変わりもないので吸ってます。」

「タバコのニコチンは血管を細める作用でうんちゃらかんたらうにゃうにゃウニャウニャ(以下略)」


「はい。わかっています。止めたくなったら止めr「禁煙をオススメします。ワタクシ、禁煙学会でこのような本も書いておりまして。」

( ̄□ ̄;)

人の話の途中でかぶせてくるのヨユー!w

すかさず、ササっと出される禁煙セラピー本。

「この小冊子(今すぐ禁煙的なことが書いてある)を差し上げますから!よく読んで是非受けてくださいね。」


・・・。

結局、私の頭痛の話はどーでもよくて、書いた本の押し売りでもしたかった・・ってことでいいのかな。

これぞやぶ蛇というか、やぶ医者というような診察であった。権威あるセンセーならゴメンネ。

次に胃の検査。

何か台の上に立たされて 初☆バリウム 8888888

噂の、我慢出来ずにゲップ出ちゃった飲み直し~ってやつか!

イチゴ味?チョコ味?wktkしながら待っていたけど、フツーの白いバリウムだった。(´・ω・`)ガッカリ…

マイク放送みたいに部屋の外から指示が出る。

『はーい。バリウムを一口含んで飲み込まず、腰をひねっておしりを浮かせてそのままキープして~』

これで何を撮るのかよくわからないまま、キープ。体制結構キツイw

『はーい。飲み込んで~』

バリウムを口に含んだままエクササイズでもやってるのかと思うようなアレやコレやの体制である。

最後のほうには、立っていた台がウィ~ンと動き、うつ伏せで頭が下、足が上、両腕で左右を掴み、体が滑り落ちそうな斜めになりつつ口に含んだバリウムを飲み空腹に染み渡る、ゲップと言わずゲ○でも出そうな腹部の圧迫感MAX。

という、摩訶不思議な状態になっていたが、、本当の本当にあれで胃のレントゲン?撮ってたの?っていう感じである。

終わってから医師が一言

「バリウムにちょっと下剤入っているので、今日はトイレに行ける場所にいてくださいね~。あ、必要ならこれも飲んでくださいね。」

更に先生より下剤を2錠を手渡される。


Σ 飲んだ後に言うのか。

初耳なんだけどそういうものなのか。。仕事、1日休みにしておいてよかった。。


そして。

初めて受けた、マンモグラフィー検査。

乳がん検査なんですけどね。

これが、また独特で。

胸を機械に挟んで癌がないかのX線検査なんだけど。

ふーん。くらいに考えて受けたら。


痛い。マジで痛い。


こんな痛いなら乳がんでいいと本末転倒なこと思うほど痛い。

機械の正面に立って、胸を機械の上に置いた(変な表現だけど)後!

プレス!潰す!

そしてこのプレスがハンパなかった。。

片方づつ台で

機械『ギュ~・・・』

Σ( ̄□ ̄;)エ?ココデ終わりジャ…

機械『ギュ~~~・・・!』

これが1回10秒くらいなんですが「動かないでください~」って、「はい!あまりに痛くて動けません。胸、モゲますね^^(白目)」みたいな状態。

当たり前だがしゃべってる余裕ないくらい痛い。

上下左右で、計4回もやったわけだけど、ちょっと恐怖を感じる痛さだったよ@@;

さすがに次はちょっと…て考えちゃうものがありますな。

男性もマンモグラフィーが可能そうなので、興味ある方は是非(何
※男性の乳がんも一応ある

他にもいくつかあちらこちらと移動しては受け。

ひと通り終わった頃には3時間ほど経過しており、すごい疲れた。

この後バリウム効果の持続もあったのだが、それはさすがに書くことは控えておこう(爆)


しかし。

次の健診の機会があったら、別の病院にしよう。

と思い返した健康診断であった(疲)


 
Secret
(非公開コメント受付中)

No title
喫煙は肺がんリスクを高めるが、乳がんリスクを下げると某先生によろしくって漫画に描いてあった気がする。
しかし、喫煙のが頭痛の原因ですねって断言するあたりすげーヤブくせぇw


No title
あの漫画、無料となっているのに読んだことがなかったりするw

こうやって、私の病院嫌いが加速する。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。